《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:170718

運動をするだけで、
不眠症が改善されるのは確かですよ!

不眠の原因はストレス。
そのストレスが積もりに積もって
不眠症を慢性化させてしまっているようです。

読者様は
「運動すると余計ストレスが溜まるのでは?」
と思われるかもしれませんが…

効率良く運動をすると、
ストレスを減らす事ができます。

ですが、
ただ単に運動をするのでは
不眠症改善の効果は期待できません。

運動といっても
効果があるものとないものがあるんですよね!

睡眠は朝と24時の体温差が大きいほど、
寝つきがいいといわれています。

なので、
24時、寝る前には
筋トレなどの激しい運動は控えるべきなんです。

身体が温まり過ぎて、眠れなくなってしまうからです。

一番いいのは、
午前中に運動をする事です。

運動をすると
ストレスホルモンも一緒に上昇していきます。

ところが5時間ほど経つと、
リバウンド効果により
ストレスホルモンが逆に減少していくのです。

その間に布団に入れば、
心地よく熟睡できるというわけです。

簡単にまとめますと…
午前中に運動をして体温を上げ、
身体を疲れさせます。

そして24時に体温が下がってくると
眠くなるというわけです。

遅くても
就寝前の約三時間前までには体温を上げておきましょう!

日頃からスポーツをしている人には
運動なんて簡単な事ですが、全く運動をしない人には、
日々の運動は難しいでしょう。

そういった方は、
軽めのウォーキングやストレッチでもいいので、
無理のない範囲で身体を動かしましょう!

身体がほぐれる程度でも
十分効果はありますよ。